筋トレをする人はなぜ、インフルエンザにかからないのか?


こんにちは、武蔵です。

インフルエンザが流行って、
あちこちの学校で学級閉鎖があると

風のうわさで耳に入りますが、


結論から言うと、

インフルエンザにかかるのは
筋肉量の少なさが原因です。



他にチェックしてほしい項目は、


・普段からストレスを感じている

・睡眠時間が人よりも短く寝不足

・筋肉量が少ないため低体温である

・人混みに行く機会が多い

・体を動かす機会が少ない

・タンパク質の摂取量が少ない


以上に該当する人は今日からでも

筋トレを始めてほしいです。


まぁ子供であれば仕方ありませんが、
大人であればなぜ鍛えていないのか?

ワークアウトというものは、


短時間であればあるほど効果があるので、
不健康で筋トレしない人ほどおすすめです。



人間というより、生物は、


年齢と共に代謝も落ちるし、
筋肉量も落ちてくるし、
放っておけば体型も崩れます。

ただし、


これは何もしない人

に限っての話ですが。


インフルエンザにかかるのは
筋肉量が少ないことが原因であることは
すでにお伝えしたとおりで、

厳密には、


筋肉量の少ない人は代謝が悪く、

基本的に体温が低いんですね。


体温が低い人は、


筋量の多い健全なカラダの持ち主に

比べて病気にかかりやすいんですね。


ところが、


・定期的に筋トレをしていて

・栄養で身体が満たされていて

・良質な睡眠をとっている


健全な身体の持ち主であれば、

インフルエンザなどのウィルスに

カラダが侵されにくいんですね。


ぼくのケースでいうなら、


身内3人がインフルエンザを

発症して毎日囲まれていましたが、

一人だけピンピンしてました。

このように、


筋トレを継続し続けることで

得られるメリットがありまして。


時間のロス
お金のロス

それから、


病気による精神的苦痛とは無縁の生活を送れる

ということなんですね。


インフルエンザにかかれば、
病院に通って診察を受けて
ムダな時間や費用もかかるし、

会社勤めの人や学生なら、


その間は休まないといけなくなるので

こんなに勿体ないことはありませんよね。

何もぼくは、ボディビルを目指せ!!
と、あなたに言いたいのではなく、

あなたがランナーなら、
毎日走ればいいし、

あなたがダンサーなら、
毎日踊ればいいし、

あなたがスポーツをしているのなら、
毎日フィジカルトレーニングをすればいい。

要するに、自分のスタイルに合った
やり方でカラダを鍛錬するなりして
運動を楽しめばいいということです。

ぼくはボディビルや格闘家を
目指しているわけではありませんが、

現実世界でカラダを

駆使する機会が多いので、


そのために筋トレを

しているだけであって、


それらを楽しんだ結果、

10年以上は筋トレを

継続してきましたが、


もはや日課であって筋トレ
自体は何の苦痛も感じません。


むしろ、筋トレをやらないことで

苦痛を感じるし気持ち悪くなります。


それに、


時間やお金が泉のように溢れていても

不健康では意味がありませんよね。


人生の大原則として、

健康があってこそですからね。


これでもあなたが筋トレを

始めない理由があるのでしょうか?



MUSCLES WIN

ワークアウトで最短最速の結果を求める人のための筋トレ総合ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000