筋肉を発達させるなら「睡眠」より「熟睡」


こんにちは、武蔵です。


今回は筋トレの基本として、
睡眠が人間の身体にどれほど
影響するのかお伝えします。

結論から言うと、

睡眠が確保できない日は
筋トレしない方がいいぐらいだ。

筋トレの基本として、

「筋トレ」+「食事」+「睡眠」
三位一体が必要不可欠なのは誰でも
知っているだろう。

よくバルクアップ(筋肥大)を狙って
プロテインをがぶ飲みする人がいるけど、

筋肉を増やすためには炭水化物も
ビタミンもミネラルも欠かせない。

そして、

筋肉を修復させる一番の状態は、
心身ともにリラックスした休息である。

つまり、睡眠より→熟睡だ。

筋トレ後は成長ホルモンも
分泌されるから、筋肉が修復されて
成長しやすいので、

ゴールデンタイム(22時〜2時)
に関係なく仮眠も積極的に取ろう。

夜はもちろん、ゴールデンタイムの
4時間を挟み込んで熟睡しよう。

あなたが深く眠りについてる間こそ、
筋トレによって破壊された筋肉たちは、
食事によって取り込まれた
栄養で修復される。

たまに筋トレで追い込み過ぎて
「食欲がなくなったわ〜」と嘆く
女性をお見かけするが、

そのトレーニングメニューが身体に
合っていないブザーが鳴ってるわけだから
即刻メニューを組み直すべきだろう。

追い込んで食欲がなるような身体は、
内臓が弱いわけだから、

ランニングの上下運動で内臓を鍛えたり、
肉を頻度よく食べて臓器を鍛えるべきだ。

あるいは酒の飲み過ぎで胃腸や
肝臓が弱っているなら毒素を控えるなり、
工夫をすればいい。

身体を追い込めることは
何の自慢にもならない。

なぜなら、追い込んでも
筋肉は付かないからだ。

ギリギリまで追い込んだカラダに
どんな栄養を補給して、

どれだけ深い睡眠をとったかで、
筋肉は修復され成長するのだから。

筋トレをしても食事をしなければ
身体を壊すし、

筋トレしても寝なければ、
必ず身体を壊す。

筋トレ自体はただの破壊作業であり、
それ自体で筋肉がつくわけではない。

筋トレをする前に、

栄養補給とそのあとの睡眠確保を
大前提として取り組むべきだ。

これまで筋肉を発達させる上で大切な
三要素を語ってきたけど、

けっきょく、

どれが抜けても筋トレの効果が最大限に
発揮できないのは説明したとおりだ。

睡眠が一番大切なのは
お解りいただけただろうか?

妥協なき睡眠が心身ともに
リフレッシュさせてくれるし、

睡眠こそ神から人への贈り物であり、
睡眠に勝るリフレッシュはこの世に
存在しないと言えるだろう。


Instagramも毎日更新しているので

ぜひ遊びにきてください。



快眠グッズいろいろ試してますが、

オススメがあればぜひ教えてください♪

MUSCLES WIN

ワークアウトで最短最速の結果を求める人のための筋トレ総合ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000