筋肉量を増やせば「脂肪」は勝手に燃える


こんにちは、武蔵です。

シェイプアップやダイエットブームが
当たり前の時代になって久しいですが、

食事制限でボディメイクしようとする人は
根本的に考え方が間違っているんですね。

食べることが大好きなのに
それを我慢して痩せたところで、

またドカ食いすれば、たちまち
リバウンドしてしまいます。

リバウンドすると身体の防衛本能で、
ダイエット前よりも脂肪が一回り増えて
デブに拍車がかかるんですよ。

そもそも食べることが大好きなのに、
それを我慢したら、なんのために
生きてるのかわからないですよね。

反対に、


食べることを我慢しなくてもいい
身体をづくりをすれば、

そういったストレスから
解放されますよね。

脂肪が増えにくく、なおかつ、

勝手に脂肪が燃焼されるボディがあれば

誰もが欲しいと思います。


そのためにはまずは筋肉量を

増やすしかないんですね。


特にデカい筋肉から鍛えていけば、
基礎代謝もアップして太りにくい
身体になります。

燃費の悪い外車にバカでかいエンジンを

積んでいたらどうでしょう?


エネルギーはたちまち消耗し、
あっという間にガス欠になるのは

言うまでもありません。


筋トレにおいてはエコより、
燃費の悪い身体を目指すのがセオリー。

この状態になると、

メシを食ってゴロンと横になるだけでも、
たちまち燃料が消費され脂肪が燃えます。

おまけに、

筋肉量が増えるとトルクが上がって
重い荷物も簡単に運べるし、

馬力(瞬発力)も上がれば、
動作が機敏になって身体が若返った
感覚も得られるんですね。

筋肉を増やせば過酷なダイエットからは
解放されるし、毎日のランニングからも
解放されます。


最後に、

鍛えるべき大きい筋肉の部位と
トレーニング法をお伝えします。


① スクワット(下半身)


② 鉄棒懸垂(背中)



③ 腕立て伏せ(上半身)



いずれも自重トレーニングなので
器具もいりませんし、

懸垂に関しては、近所の公園など
ぶら下がれる場所を確保できれば

大丈夫です。


自重じゃ効かないという方もいますが
やり方は色々あるので、

負荷はいくらでもかけられますし、
自重トレーニングを侮ることなかれ。

これで筋肉エンジンをでかくしたら、
基礎代謝があがって脂肪もガンガン燃えて
野生的でたくましい身体つきになれます。

そしたら食っても寝てもデブとは無縁で、
幸せな毎日を送れることでしょう。


くれぐれも怪我には気を付けて、

オーバートレーニングは避けてください。



MUSCLES WIN

ワークアウトで最短最速の結果を求める人のための筋トレ総合ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000