ワークアウトの本質を定義をしよう


こんにちは、武蔵です。

ぼく自身もわかりやすいという意味で、
筋トレという言葉を使いますが、

トレーニングっていう言葉自体が、
どこか耐え抜いてストイックにやる
というようなイメージがあります。

欧米の文化ではワークアウトが主流で
トレーニングというと、学術的には、

仕事ができないヤツをトレーニングする、
動物を調教するためにトレーニングする、


ということになりますが、


まるで奴隷を量産するための
トレーニングに聞こえますよね。

ここで、なるほど!!

と思ったのは、


だから日本人でストイックな人ほど、
耐えて努力して長時間のトレーニングを
してしまうんだなぁと。

長時間の筋トレに耐えれば耐えるほど

筋肉は萎んで小さくなるため、

結果は出ないんですね。



「筋トレは嫌いだ!!」


っていうぐらいの人の方が向いてる
ということをトピックにあげました。

トレーニングという言葉の定義は
耐えることや訓練にあたりますが、

ワークアウトという言葉の定義は、

ワーク=仕事(作業)をして結果を出す
アウト=出した成果が表に影響を及ぼす

ということになります。

ワークをアウトプットするということは、
テイクアウトで持ち帰るという意味にも
酷似しているがまさにそのとおりで、

すなわち、ワークアウトとは、

ワークでアウトプットしたものを、
テイクアウトで持ち帰ることを指す。

ということは、ワークアウトをしたら
何かしら身体に変化を出して望む結果を
確実に出すことをそう呼びます。

つまり、結果の出ないワークアウトは
すべて耐えるためのトレーニングであり、

忍耐や努力、

ストイックさはワークアウトではなく
奴隷マインドで辛いことに耐える嫌なこと
であるということです。

辛いトレーニングとは、


誰かに支配されて調教されることだから
自分から支配される必要はないんですね。

人の言いなりになる
トレーニングはやめて、

自分から進んでワークアウトを

しましょう。





BGM♪ / ワークアウトベストジムトレーニング音楽2018

MUSCLES WIN

ワークアウトで最短最速の結果を求める人のための筋トレ総合ウェブサイト

0コメント

  • 1000 / 1000